JOURNEY FACTORY -remake and repair professional- 東京の職人たちによるリメイク・リペアの専門店 | ジーンズの修理 | デニム職人

JOURNEY FACTORY

  • <電話受付時間 9:00 - 22:00>
  • Phone  03-6875-4211
  • Mobile Phone 090-6833-0767
ご依頼・お問い合わせ
24時間受付中

JOURNEY FACTORY

MENU

UNIQLOチノパンのリメイク

November 25, 2015

皆さんにとってリメイクってどんなイメージでしょうか?

・ハサミでの切りっ放しや、安全ピンで繋いだりする若者風のアレンジ?
・母親が余った生地で作ってくれた巾着袋? キルト作り?
・デニムブランドが出す継接ぎのジーンズ? ヴィンテージリメイク?
・自分でするもの?頼むもの?
・よくやっているボタン変えや、靴の紐替え?

どんなものでも自分に合わせたカスタマイズを行っていればリメイクです。自分に合わせて造り直すということが大事ですよね。
今日はそんなリメイクの紹介。UNIQLO(ユニクロ)チノパンのリメイクです。 UNIQLOは作りがしっかりしていますし、低価格、またシンプルなこともあってリメイクしやすい品物だと思います。今回使用しているのは、ヴィンテージチノパン。昔ながらのチノパンをボタンや仕様で再現されているものです。
これにひと手間を加えて... パッチワークと刺し子仕様です。
同色系のチノ素材、洗いをかけた薄い13OZのデニム、縫い合わせたコーディロイ、革を貼付け、ハンドステッチとミシンステッチを使い分けて少し表情をつけています。刺し子は、生成のスパン糸20番手の2本どりで、やや引っ張り気味に刺しています。見て分かる通り、凹凸が生まれて、補強+デザインにも一役買います。

パンツをリメイクする時は、バランスに気を使う必要があります。前をある程度するなら、後ろにも一工夫すると、グンとリメイク感が上がります。

前身の切り取ったチノを再利用して、チノ+チノを縫いつないでタタいてます。
アクセントが効きすぎたものや、色をあまり多く使わない方が好みの人は、同色系の生地で切替がオススメです。落ち着いた印象で、洋服に合わせやすくこなれた感がでてきます。 今回のチノパンリメイクの工賃は、¥13.000-
ハンドステッチ部分をミシンステッチにすると、¥9.000- になります。

ご注文お待ちしてます。

Tags: UNIQLO 刺し子 チノパン リメイク パッチワーク 当て布リペア

Recent Posts

大幅サイズダウン

July 08, 2018

Archive

Search By Tags

Follow Us

FacebookFacebook